車査定時によくあるトラブル

車査定の時にありがちなトラブルは、次のようなものです。

・税金のトラブル
・メール査定のトラブル
・契約後のトラブル

消費税や自動車税に関するトラブルは非常に多いため、気をつけた方がいいでしょう。

買取金額の中に消費税が含まれているケースと含まれていないケースがあるので、事前によく確認してください。

それに、買取業者の手続きが遅くて自動車税の通知が来てしまうこともありますから、
売るタイミングによってはそういった事態になった場合の対応についても確かめておいた方がいいかもしれません。

また、メール査定時の金額と実車の査定時の金額が大幅に違う。というケースも往々にしてあります。

このようなトラブルは珍しくないので、もし、納得いかない場合は無理に売却する必要はありません。

そして、契約後に買取金額を減額されてしまったり、クーリングオフを断られるというトラブルも多いです。

契約書をきちんと熟読していないと後から困るのは自分なので、面倒がらずに読むようにしてください。

特に、キャンセル料が発生するのかどうかは重要ですから、しっかりと確認するようにしましょう。中古車売るならおすすめはここ